Author: addminz | Date: 2015年6月10日 | Please Comment!

産業用太陽光発電を扱っているある企業のサイトをみましたら、実際の設置例をたくさん見ることができました。

まず最も大きな写真で紹介されていたのは、あるゴルフ場のクラブハウスと思われる写真です。

いわゆるカマボコ形のようになった大きな建物の屋根全体が、太陽光発電モジュールになっていました。

屋根が曲線になっているので、雨水が自然に汚れを洗い流してくれて、清掃もそんなにこまめにはしなくていい、ということなのではないかなと思います。

次に、「ガラスの里」

と名前の一部に入っているある施設の写真も目をひきました。

ガラスの里というくらいですから、建物の正面は全面ガラス貼りになっており、屋根にとりつけられたモジュールがしっくりと外観になじんで見えます。

その他にもいろいろな設置例がありましたが、全体的にみると、大変数多くの学校が太陽光発電を導入していることが印象に残りました。

考えてみますと、学校、ゴルフ場などは広い敷地や建物を持っていますので、産業用太陽光発電システムを設置するのにも、うってつけといえますよね。

産業用太陽光発電システムを扱っている会社のサイトをみていたら、よくある質問に答えたベージがありました。

これは多分、産業用太陽光発電に限らず、家庭用にもあてはまることだと思いますが、私も気になっていたことをいくつかまとめてみたいと思います。

まず、「蓄電はできるのか?」

これは、モジュール自体には蓄電できませんが、別に蓄電用の設備をとりつければ可能だということです。

次に、「電力を売った時、代金はどのように受け取るのか?」

これは、買った電気の代金と相殺するわけではないそうです。

買った電気代金は普通に支払い、売った代金は別に銀行などに振込まれるのだそうです。

そして、「南向きかどうかによってどのくらい発電量が違うのか?」

これは、南向きと比べると、東や西向きは約8割くらいといわれています。

また、北向きには設置しないという会社もあるようで、これは多分設置しても採算がとれないということでしょうか。

また、「晴れていないと発電できないのか?」

これは、曇りや雨の日でも約1割から5割くらいは、発電できるそうです。

雨の程度にもよるのでしょうが、雨の日でも発電している、というのは意外でした。

太陽光発電に興味のある方は、こんなサイトもご覧になってはいかがでしょうか

業界注目の産業用太陽光発電とは