Author: addminz | Date: 2015年6月10日 | Please Comment!

産業用太陽光発電について検索すると、いろいろな企業のサイトがヒットしてきます。

その中に有名な会社名を見つけ、私の家でもそこのエアコンを使用したりもしているので、なんとんなく親しみを感じてクリックしました。

そのサイトでは、産業用太陽光発電について、規模に応じた利用法を紹介していました。

たとえば50KW未満の小規模発電システムとしては、商店街のアーケード、工場・オフィスビル・店舗などの屋根に設置する例もあります。

または、特に利用していない土地に太陽光発電システムを設置して、有効利用する例もあります。

この小規模発電システムのうれしい点は、住宅同様の低圧での連系ができるので、届出する必要がなく、手軽に始められることです。

これによって環境貢献はもちろん、電気を売ることによる収入も期待できますので、さらに普及し広めていくことが望まれています。

そしてもちろん、何かで電気がストップした際に、会社や店舗の活動を全面停止しなくてもすむ、という点でも多いに助けになってくれると思われます。

別項で、産業用太陽光発電のうち、小規模発電システムについて書きましたが、ここでは中規模以上のシステムについて見てみたいと思います。

遊休地を産業用太陽光発電に利用するのは小規模の例にもありましたが、50KW以上の中規模発電となりますと、私有地というよりも工場内の空いた土地に設置されることが多いようです。

また、小規模では小さなビルや店舗の屋根に設置していましたが、中規模になりますと、大人数が利用するホテルなどの宿泊施設、または庁舎など公共施設の屋上に設置する例があります。

もし自分が住む街の庁舎で太陽光発電を利用していたり、または旅行先で泊まったホテルが利用していたりしたら、なんだかうれしい気持ちになりそうですよね。

実際に設置した写真を見ましたが、太陽光発電パネルというのは、見た目としてもちょっとSFっぽい雰囲気があり、企業や工場に設置されると壮観ですね。

また大きなホテルや商業施設に組み込まれても、デザインの一部として美しいような印象がありました。